『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『湯船に浸かっているかな?』
湯船に浸かっているかな?



私が、必ず初回の問診で患者様にお聞きすることのひとつに


お風呂に毎日、入っていますか?

シャワーではなく湯船に浸かっていますか?

と言う質問を投げ掛けます。



どうしてお聞きするのかと言うと



健康のひとつのバロメーターになるからです。





「湯船ではなく、毎日シャワーです」という方は


寝付きが悪かったり、ぐっすり眠れなかったり、


沢山の不調を抱えていたり、疲れ切っている方が多いです。


不調具合も強くでています。




入浴をシャワーで済ませている方が


1年、10年、30年と継続していくと


毎日、湯船に浸かっている人と比べると、健康の差は一目瞭然


まるっきり違います






なぜ、こんなにも違いが出るのかと言うと、

お風呂に入ることで、一日の疲れがとれ、心身共にリフレッシュできるからです。



まずお風呂に入ると





体全体が温まるので血液の循環が良くなります



 体を構成している細胞のすみずみまで栄養が行き渡り、細胞を十分に働かせることができます。

 血液循環が良くなると、血液中の老廃物や有害物質は外へ排出しやすくなります。



湯船の水圧が筋肉への心地よい触圧となって筋肉をゆるめてくれます


 筋肉の使い過ぎによる筋肉疲労やストレスでガチガチに強張ってしまった筋肉を

 ゆるめてくれます。



湯船の水圧で血管やリンパ管が圧迫され、刺激を受けるため血行が良くなります。

 
 発汗に伴って、皮膚からの老廃物が排泄されため、血液が綺麗になります。


浮力が働いていますので、からだに負担なく関節や筋肉を動かすことができます。


 緊張していたり硬くなってしまって、痛みがある部分でも、

 お風呂の中では、痛みが和らぐために、動かして弛めることができます。


38℃~40℃の温度では
 リラックス神経である副交感神経が働きますので、ストレス解消となります。



 一日の疲れがとれ、明日の元気に備えることができます。






お風呂に入ることは、いいことづくしです。


お風呂に入って


心地よい、そして体が楽になるということを


感じれば苦も無く続けることが出来ます




自律神経のバランスが改善されるために、


ぐ~んと免疫力がアップします。



健康になりたいなら、まずお風呂に入って


ゆっくり体を温めてみましょう





ちなみに私は、毎日30分以上湯船に浸かっています










036_convert_20120322155228.jpg

青いザリガニ
鳥羽水族館で観ることができるよ。

磐田袋井掛川浜松の訪問整体院 「静岡ご自宅訪問型 レディースドクターフィットネス&整体ステーション」 腰痛・肩こり・頭痛・むちうち症・頸椎ヘルニア・変形性膝関節症・脊柱管狭窄症・生理痛・不妊症などあらゆる痛みと不調に。揉まない押さない、叩かない、無痛の整体治療】
営業時間9:00~20:00 ご予約は090-9954-4970まで。 
詳細はホームページhttp://www.kanonshizen.comをご覧ください。
ランキングに応援してね。
スポンサーサイト

テーマ:病気・症状 - ジャンル:心と身体

【2012/03/22 15:55】 お風呂のすすめ |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。