『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『頸椎骨軟骨症』
頸椎骨軟骨症

【原因】
老化や反復運動、持続的な姿勢保持による頸椎の退行変性。
頸椎骨周辺の変形や骨棘(トゲ状の過剰にできた骨)が神経を圧迫して痛みやしびれを引き起こす。

【症例】
60代男性
パソコンで仕事をする際、正面からではなく、パソコンを左に置いて首を左回旋して作業していた。

整形外科で痛み止めの薬や牽引装置を用いて治療するが治らず。

【症状】
頸椎前屈:痛みなし
頸椎後屈:右棘上筋、右棘下筋に痛み
頸椎右側屈:右前鋸筋に痛み
頸椎右回旋:右上腕三頭筋、右三角筋、前腕伸筋、右大胸筋に痛み
頸椎左側屈:痛みなし
頸椎左回旋:痛みなし

・徒手検査
ジャクソンテスト陽性
スパーリングテスト陽性

手指のしびれあり

寝返りをする時に右肩が痛い。

【整体施術】
下位頸椎屈曲、第5頸椎左回旋、頸椎が上位に向かって右上斜めに流れる
顔が左回旋している。右肩内旋。右肩甲骨外転、下制。左肩甲骨内転。

首を動かすと痛がったため、肩甲骨や背中、肩のアライメントを整えてから、首の施術を行った。
ビックリするほど体が硬く、特に左大胸筋は硬直していた。

1週間に2度の施術を行った。肩甲骨周辺や頸椎周辺、広背筋などの筋肉が硬く、施術をするにも苦労した。
1か月ぐらいは、施術を終えた時は痛みが引き、頸椎の可動域も拡がるが、
自宅に戻ると少し悪い方へ戻ってしまうという繰り返しだった。
しかし、だんだんと痛みが出る範囲が少なくなると、
家での不良姿勢を改善しようとする意識が出てきた。

私が患者さんに必要と感じる首や肩甲骨、背中、肩などの体操を何回も教えた結果、1か月半で手のしびれがなくなり、
施術前は、若干痛みはあるが施術後は痛みが何も出ない状態へ回復した。

現在治療して2か月ですが施術前に頸椎右回旋と右側屈で棘下筋に弱い痛みが見られます。
施術後の痛みはありません。

頸椎周辺の筋肉が以前よりも柔軟になり、頸椎の変形が少なくなりました。
治療継続中です。


痛み、しびれなら磐田整体ステーション
変形による痛みや神経痛、骨格矯正、妊娠中産後の骨盤矯正、スポーツ障害に対応した整体!
痛みがなく、眠くなってしまう心地よい整体!
柔道整復師国家資格による整体!

【静岡ご自宅訪問型レディースドクターフィットネス&整体ステーション】
静岡県磐田市袋井市掛川市浜松市の女性専用訪問整体院
訪問日:火曜日、日曜日
予約TEL050-5586-0331(松尾)


スポンサーサイト
【2017/05/30 12:46】 頸椎骨軟骨症 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。