『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『翼状肩甲症』
翼状肩甲症


肩甲骨の内側縁が胸郭から離れ、背中から飛び出して見える症状を「翼状肩甲症」と言う。



前鋸筋に異常がある場合、起こりやすい。


肩甲骨を挙上・内転させる僧帽筋上部、肩甲挙筋、菱形筋と、

拮抗作用である下制・外転させる前鋸筋、小胸筋とのアンバランスが原因と言われている。


うつ伏せで片肘をついて本を読んでいれば起こりうる症状である。

このような悪い姿勢で寝る前に本を読むのは止めようね







磐田袋井掛川浜松の訪問整体院 「静岡ご自宅訪問型 レディースドクターフィットネス&整体ステーション」 腰痛・肩こり・頭痛・むちうち症・頸椎ヘルニア・変形性膝関節症・脊柱管狭窄症・生理痛・不妊症などあらゆる痛みと不調に。揉まない押さない、叩かない、無痛の整体治療】
営業時間9:00~20:00 ご予約は090-9954-4970まで。 
詳細はホームページhttp://www.kanonshizen.comをご覧ください。
ランキングに応援してね。


スポンサーサイト

テーマ:病気・症状 - ジャンル:心と身体

【2012/04/21 21:41】 翼状肩甲症 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。