『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『顎関節症』
40代男性

[症状]
口を閉じるときカクンという関節雑音がなる
口を大きく開けられない
歯並びが悪い
噛み合わせに違和感がある
食べ物をどちらか一方で食べている
小学生のとき交通事故を起こし顎の左側に傷が残っている
下顎を突き出す癖があった
頸椎が大きく右へ曲がっている

[施術]
車と衝突したときの傷があり顎への強い衝撃があったことが分かりました。
一回目の施術では、頸椎のゆがみをとり顔の筋肉の調整、顎のずれの矯正をしたところ
関節雑音はなくなりました。しかし口を閉じるときの、下顎が右へ曲がってから閉口する軌道は、
少し修正されましたが完璧に治らず次回にもちこしました。
顎のずれが軽減され、開口の違和感が減ったことに気付いていただいたので良かったです。

二回目の施術では、本人が姿勢に気をつけて生活してくれたことと顎のずれが軽減され、
食べ物を左右偏らずに噛むようになったため、施術を始める前は、関節雑音はしませんでした。
二回目も時間をかけて行い、顎がまっすぐに閉じるよう色々と挑戦しました。
その結果、顎のずれがなくなりました。

顎関節症は、治療せずそのままのずれた顎で生活している人が多く見られます。
頭痛、肩こり、眼の疲れ、耳鳴りなどをまねく原因にもなりますので、
早く治しましょうね。

【寝たきり外出困難者専門 花穏自然形体院 腰痛肩こり頭痛生理痛不妊症その他の痛みや不調に自然形体療法の出張整体院浜松磐田袋井掛川】

関連記事
スポンサーサイト
【2010/05/17 22:27】 顎関節症 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。